福岡の開業医が注意を払うべき業界分析

投稿日: カテゴリー: トピックス

福岡の医療業界分析

開業 経営

すでに経営に取り組まれている開業医の先生、これから開業を予定している先生で、業界の分析をされている方はそれほど多くいらっしゃらないかもしれません。

福岡で病院開業する先生方が病院経営分析を行う上で覚えておきたいのが福岡県内の病院、診療所の数と言えます。福岡県が実施している医療統計などの公的統計数値を基に、業界の現状把握しておくことが望まれます。

 

医療施設の調査結果

上記の福岡県の調査結果(平成26年10月1日)には、福岡県内の施設数、病床数がまとめられています。病院、診療所、歯科診療所を経営される先生方に参考となる情報も提供されています。

 

病院の施設数

まずは、病院の施設数の統計ですが、福岡県全体での病院数は460施設あるようです。福岡県の人口10万人に対する施設数は9.0施設となっています。全国では、6.7施設となっていますので、全国と比べると福岡県は対人口比で施設は多めとなっています。

この数値ですが、全国では第14番目、九州では第7番目となっています。九州各県と比べると、病院施設はそれほど多くないと言えます。なお、上記施設の分類として、一般病院が 400施設( 87%)、精神科病院は 60 施設となっています。このうち、療養病床を有する病院は222施設となっています。

 

診療所の施設数

次に、一般診療所ですが、福岡県内で4,587施設である。診療所について、福岡県の人口10万人に対する施設数は90.1施設となっておいます。そして、九州内で比較すると、福岡県は、長崎県に次いで第2番目となります。病院数と比べると、診療所の競合性は相対的に厳しくなっていると言えるでしょう。

 

歯科診療所の施設数

最後に、歯科診療所は3,072施設である。歯科診療所の施設数について人口10万人に対する福岡県の施設数は60.3施設で、九州内で第1番目、さらに、日本全体でも、東京都(79.0施設)、大阪府(62.3施設)に次いで第3番目となっています。このことから、歯科診療所については、福岡県ではかなりの競合状態となっていることがわかります。

 

出典:福岡県庁「人口動態調査・医療統計等

 

医院・診療所の開業相談

いかがでしたか。数字で見ると、福岡における施設の数、競合関係が客観的に見られるメリットがあります。医院経営においては、経営周りに関する様々なデータ分析も重要になってきます。

医院・クリニックの経営についてのご相談は、お気軽に当相談所へご依頼下さい。